無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

33
2020/11/09

第8話

__
中へ入ると、そこは先程のような暗闇でなく、オレンジ色の光で溢れる綺麗な和室だった。

(凄い…綺麗にされてる…。)

だけど、狐火達はそこにはいない。
確かにここに入ったのに。
囲炉裏に箪笥、ちゃぶ台…沢山家具も置かれている。
けど人はいない。
なんだか不思議な空間。
私が入ってきた障子とは別に、2つの障子がある。
奥にまで繋がっているのかしら?
取り敢えず行ってみようと足を踏み出すと、その開けようとした障子が勝手に開いた。

雪乃
雪乃
…!?
湊
く、あぁ……あ?なんだお前…。
ー人物紹介:アイコンをタップー
そこから出てきたのは、銀色の髪に狐のような耳が生えた背の高い男の人だった。
雪乃
雪乃
だ、誰ですかぁぁぁぁあああ!?