無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

35
2020/11/09

第9話

__
湊
誰ですか、って…こっちの台詞だわ
欠伸あくびをした男の人は、頭をガシガシとかきながらこちらへ近づいてくる。
私はそれに合わせて、1歩…そしてまた1歩、と後ろへと下がっていく。

(か、かっこいい人…じゃなくて!!)
雪乃
雪乃
わっ、私は雪乃です!
湊
そこで自己紹介されてもなぁ
呆れた顔をした男の人は私をじーっと見つめてきた。

(え、えぇ…何?)

まるで不思議なものを見るような目…。
すると次はすん、と匂いを嗅がれた。
雪乃
雪乃
んぇ…ちょ、何…!?
さすがに驚いて、思い切り後ずさる。
キッ、と男の人のことを睨むと、彼は目を細めて私を見た。
湊
女…雪乃、だっけ。
雪乃
雪乃
えぇ…
湊
もしかして…君、人間?
雪乃
雪乃
え?
と思わずポロリと声がこぼれる。
いや…「人間?」と聞かれても…。
そんなの
雪乃
雪乃
そうですけど…
としか言えないでしょ。
不思議な質問する男の人もいるものね…。