無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

32
2020/12/05

第10話

__
湊
へぇ…人間。
こくり、と頷くと男の子はニヤリと笑った。

(な、何…その不敵な笑み…。)
湊
俺は湊。カミサマ、ってやつ?
男の子の名前は湊というらしい。
そして、神様……ん?神様!?
雪乃
雪乃
頭大丈夫ですか…。
湊
失礼なやつだな。
だ、だって神様だなんて…!
と思うが、ふとあの狐火ちゃん達を思い出す。
あの子達がここに入った、ってことは…もしかして本当に…?
……え、神様って狐の耳生えてるの?
雪乃
雪乃
じ、じゃあ仮にあなたが神様だとして…ここは?
湊
あやかしの国。
雪乃
雪乃
妖…?
妖…って、妖怪の…?
え、妖怪?
目の前の湊を見ると、ニタニタと笑っている。
雪乃
雪乃
神様なんて嘘じゃない!
そう言うと、バレたかと言うように舌を出して逃げ出した湊。
雪乃
雪乃
ちょっ…!待てー!