無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

7話
あなた
あなた
ついたぁ
あなた
あなた
ただいま!
ワイテルズ
ただいま
あなた
あなた
楽しすぎてこんな時間まで遊んじゃったね💦


なんと現在夜8時




夜ご飯をどうするか考えていると




いつの間にかNakamuと二人きりの状況に
あなた
あなた
あれ?みんなは?
Nakamu
みんな自分の部屋に行ったみたい
あなた
あなた
そうなんだ!
あなた
あなた
ご飯の事考えてたらみんないなくなってた‪w
Nakamu
‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w
あなた
あなた
それで夜ご飯どうしよ…
Nakamu
今日あいつらに任せよ
あなた
あなた
そだね!
Nakamu
それで…あなた。
Nakamu
言いたいことがあるんだ…
あなた
あなた
んん?どした(^ω^)
Nakamu
…//////////
あなた
あなた
なーに照れてんの(*´˘`*)
あなた
あなた
んん!もしかしてなんか顔についてる??


あなたが顔を触り、なにかついているか確かめる仕草をする




すると





突然Nakamuがあなたの手を握り…




Nakamu
じ、実は…/////
Nakamu
お前のことが好きなんだよ…/////
あなた
あなた
なにぃ?聞こえなかった(´^∀^`)
Nakamu
(くっ…可愛い♡♡)
Nakamu
お前のことが好きだ…//////////
あなた
あなた
違う、好きじゃなくて
あなた
あなた
愛してる…/////(耳元で)
Nakamu
➸(๑♡⌓♡๑)➸
あなた
あなた
何その顔!?可愛いなぁ♡
Nakamu
あなたの照れてる顔も可愛い…/////
あなた
あなた
( *¯ ꒳¯*)ふふん







こうして、Nakamuとあなたは付き合うこととなりメンバーにも伝えた









︎︎
- - - - - - - - - - - - - - - - - 







おむ🍳🍅🍚(作者)
おむ🍳🍅🍚(作者)
どうでしたか!?

楽しんでいただけたかな?

最後まで見てくれてありがとぉ!
次回もお楽しみに(´▽`*)

あ、まだ続くよ‪w
次はメンバーに言うところからSTARTします