無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11




一方その頃…

廊下

嵐士
嵐士
ッハハッ!
…まさかあんな嘘に騙されるとはな
しかしお前もひどいやつだな?
嵐士
嵐士
初めあんな親しげに味方しといて…
全ては印もらってフケル為なんてよ
伊織
伊織
えー?嘘じゃないって
お腹超痛かったけど、
急に治ったんだから〜
海斗
海斗
…嵐士の腹痛は治ったのか?
嵐士
嵐士
あ?お前あんなん信じてたのか?
サボる為の演技だよ演技!
海斗
海斗
…………


それを聞いて踵を返し、
戻ろうとする海斗。

伊織
伊織
えっ、ちょっと海斗君、
もしかして戻るつもり?
海斗
海斗
…つもりも何も、最初から
姫宮にそう言って抜けて来ただろう
嵐士
嵐士
はぁ?俺今更戻る気ねーけど
海斗
海斗
………お前らは帰れば良い、
俺だけ戻る
伊織
伊織
………
嵐士
嵐士
ちょっおい海斗…!
伊織
伊織
………ダメだって海斗君、
それじゃジミちゃんの為になんないよ?
海斗
海斗
……どういうことだ?
伊織
伊織
この学校治安悪いっしょー?
それなのにジミちゃん1人で浮いてるし、
あまつさえ変に素直っていうか
騙されやすいっていうか?
伊織
伊織
このままいったら
もーっと悪い奴に騙されるのも
時間の問題って感じじゃね?
海斗
海斗
………
伊織
伊織
だ、か、ら!
これは、治安悪い学校で、
簡単に他人信じたら痛い目みますよ
っていう教訓だよ、きょーくん!
伊織
伊織
ここでちょっと痛い目みとけば
次からはそーいうの防げるでしょ?
でも、ここで海斗君戻っちゃったら
何も学ばない!
海斗
海斗
………
伊織
伊織
俺もね、
痛む心を鬼にしてやってるわけよ
ジミちゃんの為を思って!
嵐士
嵐士
(伊織の野郎…
よくもまあつらつらと口から
出まかせが出るもんだな…
というかそんなんで騙されないだろ…)
海斗
海斗
…そこまでは考えていなかった
確かに俺が短慮だったな…
嵐士
嵐士
(騙されるのかよ!)
海斗…
お前って見かけによらずアレだな…
海斗
海斗
…アレとはなんだ?
伊織
伊織
まぁまぁまぁ!
優しい海斗君も良いと思うよー
俺は?


ガタンっ!!!


急に廊下に置かれてるロッカーから
物音がする。


嵐士
嵐士
!!な、なななんだ?!
ま、まさかアイツが言ってた
ゆ、幽霊…?!


海斗がなんの躊躇いもなく
ロッカーを開ける。


海斗
海斗
…中の箒が倒れただけみたいだな
嵐士
嵐士
…んだよ!驚かせやがって!
伊織
伊織
何なに〜?
嵐士君、お化けとか信じてるの?
ヤダなぁ、いる訳ないじゃん?
ジミちゃんと同じで
ちょっと痛い子っていうかでんぱ系?
嵐士
嵐士
は、はぁ?!
てめえ…舐めた事
言ってんじゃねぇぞ!!
伊織
伊織
やだなぁ冗談だって♪
そんな怒んないでよ
伊織
伊織
…ッフフ!
それにしても…
ジミちゃんのあの真剣な顔!
怨霊化してるかもしれない…だって!
アレ本気で言ってたのかな?!
海斗
海斗
………伊織の
放送室の怪談話も作り話だったのか?
伊織
伊織
いや、アレは実際に本人から
聞いたやつだけど?
伊織
伊織
でも話した時
アイツが狙ってる女の子いてさ〜
怖がらせる為に話盛ったんじゃない?
伊織
伊織
おかげでまんまとお持ち帰りだよ
可愛い子だったのに〜
真面目にサッカーやってろっての
海斗
海斗
………


ピピピピッ…


伊織のスマホが鳴る。

伊織
伊織
おっ里奈ちゃんから着信〜!
じゃ、2人ともお先に〜
はいはーいどしたー?
嵐士
嵐士
チッ…いけ好かねーやつ!
か、海斗!お前もこっちから帰るだろ?
俺も一緒に行ってやるよ!


その時、帰ってく伊織を海斗が見てると、
何か影のような物が伊織を
追ってくように見える。


海斗
海斗
………?
嵐士
嵐士
…な、なんで黙ってんだよ!
別に怖いとかじゃねーんだからな!


しかしよく見ると何もいない。


海斗
海斗
(…気のせい、か…?)