無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15




じゃんけん、あっち向いてホイ
21回目

じゃんけん勝率
マコちゃん→15/20
理央→3/10
ニョロ子2/10

あっち向いてホイ勝率
マコちゃん20/20
理央→0/20
ニョロ子0/20


鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
あ…じゃんけん
マコが負けちゃった〜
ニョロ子
ニョロ子

(チャンスニョロ…!)
(マコちゃんは
右ばっか向くニョロ…
でさっき向いたのは左…
て事は次は右ニョロ…!)
あっち向いて…ニョイ!!


右を差そうとするニョロ子。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
あ…


マコちゃんも右を向こうとする。

ニョロ子
ニョロ子
(この勝負もらっ…)
ニョロー?!!!手が?!


強制的に動かされ、左を指すニョロ子。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
はい、ワンちゃん残念!
マコの勝ち〜♪
ニョロ子
ニョロ子
…ズルいニョロ!
今勝手に指が動いたニョロ…!
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
ええ?マコ知らなーい♪
ニョロ子
ニョロ子
ニョー!!!理央にょん!
こんなの出来レースも良いとこニョロ!
詰んでるニョロ!!
姫宮理央
姫宮理央
(うーん…予想してたとは言え、
やっぱこうなったか…
何か良い手は無いものか…)
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
ねー早くー?
動かないならマコが
勝手に動かしちゃうよー?
姫宮理央
姫宮理央
と、とにかく、
今はじゃんけんだけでも
勝つように集中しよう…!







62回目


鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…あっち向いてーホイ!
姫宮理央
姫宮理央
!!
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
やったーまたマコの勝ち♪
姫宮理央
姫宮理央
(ダメだ…ぜんっぜん勝てない!
マコちゃんが負けそうになると
指の方向変えられるし…
そもそもじゃんけん自体すごい強い…!)


忍ばせたお札に手をやる理央。

姫宮理央
姫宮理央
(…使うしかないの?いや…でも!)





二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『良いですか理央さん
彼女に真っ当なやり方で
勝つ方法はありません、
ですが…貴方にはソレがある』
姫宮理央
姫宮理央
『このお札ですか?』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『ああっ
あまり近づけないでください…
…オホン、
それは妖魔に本能的に
恐怖を感じさせるものですから、
それをチラつかせれば
大抵の妖怪は服従するでしょう
まぁ従ったフリして嘘を付かれる
…なんて事もあり得ますから、
使い所は慎重にした方が良いですが』
姫宮理央
姫宮理央
『そんな強力なお札なんですね…!
でもあまり数もらってないから
温存してて使った事がなくて…
貼るとどうなるんだろう…』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『恐らくですが…
こう一瞬気を失いそうになる程の
衝撃がはしるという感じかと』
姫宮理央
姫宮理央
『………。
…わかりました、これは切札として
出来るだけ使わないように
やってみます
お願いしてるのはコッチだし
無理に従わせるのは
ちょっと違うし、それに…』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『?』
姫宮理央
姫宮理央
『…コレはお守り的な物だから…
頼りにしてばかりじゃ
ダメだって思うんです
まずは自分の力で
やれるだけやってみないと…
これからずっと頼りきって
しまうのは…その、
絶対、イヤなので』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『……そうですか…ええ、
貴方がそう思うのであれば、
それがよろしいかと
然るべき時に使うのが
きっと一番良いでしょうから』