無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14


校内

廊下奥、鏡の前

姫宮理央
姫宮理央
…鏡のマコちゃん、
いるなら私と
遊びましょ?


コン

コン

コン

姫宮理央
姫宮理央
……うわっ!



中から手が出てきて
鏡の中に引きずり込まれる理央。



ドサッ

姫宮理央
姫宮理央
いたた…
ニョロ子
ニョロ子
理央にょん!!
姫宮理央
姫宮理央
ニョロ子!
良かったまだ狸鍋になってないね?!
っていうか何でそんな
フリフリの服着てるの?!女装?



実はオスなニョロ子。


ニョロ子
ニョロ子
狸鍋ってなんニョロ?!
この服はマコちゃんに
着せ替えごっこして遊びましょ♪
って無理矢理着せられたニョロ〜
姫宮理央
姫宮理央
…元々毛むくじゃらで
服着てるような物なのにね…


改めて辺りを見渡す理央。

景色が反転してる。

姫宮理央
姫宮理央
ここが…鏡の中…
??
??
くすくすくす


着物を着た可愛らしい女の子が
音もなく目の前に現れる。

姫宮理央
姫宮理央
!…鏡の、マコちゃん…?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
貴方もマコと遊びに来たのね?
良いよ、お友達は多い方が良いもんね
何して遊ぼうかな…
姫宮理央
姫宮理央
………
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…決めたわ!
マコ、今日はあっち向いてホイの気分!
2人もそれで良いかしら?
姫宮理央
姫宮理央
…いいよ
ニョロ子
ニョロ子
ニョロ子はいやn…
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…良い、わ、よ、ね…?



コクン!


不自然に勢いよく頷くニョロ子。


姫宮理央
姫宮理央
…大丈夫ニョロ子?
そんな勢いよく頷くと首痛めるよ?
ていうか首あったんだね
ニョロ子
ニョロ子
違うニョロ!
ていうかつっこむ所そこニョロ?!
マコちゃんの力で
強制的に頷かせられたニョロ!!
この鏡の中では
マコちゃんの力は絶対みたいニョロ…
姫宮理央
姫宮理央
………!
(ニノキンさんの言う通りだ…)






二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『鏡のマコちゃん…
彼女は幼い地妖怪なので
人体模型の様な襲ってくる
危険性はありません
が…厄介なのはその性質です
端的に言いますと
彼女の遊び相手をさせられます』
姫宮理央
姫宮理央
『それのどこが厄介なんですか?』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『…鏡の中で、彼女が飽きるまで
永遠に遊びに付き合わされる、
といった点でしょうか』
姫宮理央
姫宮理央
『それは…』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『彼女は色々な勝負事の
ゲームを提案してきます
鬼ごっこやあっち向いてホイ、
じゃんけんなど…恐らく
勝つ事が出来れば鏡からも
出る事ができて、
話も聞かせてくれる筈です』
姫宮理央
姫宮理央
『そういう勝負事なら
私にもワンチャンありますね…!』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『(ワンチャン?犬…?)
…ですが鏡の中は彼女が絶対です
勝負事が対等であるとは思えません
彼女が勝ちといえば
どんな状況でも勝ち
負けといえばどんな優勢でも負け
…勝つのは至難の業でしょう』
姫宮理央
姫宮理央
『そんな…』
二ノ宮金次郎
二ノ宮金次郎
『…ですが貴方にはソレがある』






胸ポケットにしまったお札を握り締める理央。


姫宮理央
姫宮理央
…あの、マコちゃん!
提案があるんだけど…
せっかくだし景品付きの勝負にしない?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
……景品付き?
姫宮理央
姫宮理央
そう、勝った方が
負けた方の言う事を一個なんでも聞くの
ニョロ子
ニョロ子
理央にょん?!
姫宮理央
姫宮理央
………どうかな?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…ふーん…それって
マコに勝てるかもしれないって
思ってるってこと?
フフフっ!あははっ!
姫宮理央
姫宮理央
!(めっちゃ笑ってる!
もしや逆鱗ふれた…?!)
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…フフフ!
マコ、面白い子って好き
…良いよ、もしマコに
じゃんけんとあっち向いてホイの
両方で…一回でも勝てたら
2人のお願い、聞いてあげる
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
でも勝てるまでは
ずーっとココで、マコの遊び相手だよ?
姫宮理央
姫宮理央
!…うん、わかった、
それでこっちもオッケー
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…フフッ
じゃあいくよ

じゃーんけーん

ぽん!