無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16





姫宮理央
姫宮理央
(そうだ…やれるだけ
自分の力でやってみるって
さっき言ったばっかじゃないか…!
知恵を絞れ理央!
きっと何かあるはず…!)




99回目


鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
はい、またマコの勝ち!
ワンちゃん本当に勝つ気あるの?
ニョロ子
ニョロ子
…ニョーン…疲れて目が回るニョロ〜!
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
あははっ!ワンちゃん変な顔〜!
おっかし〜!あはははっ!!
姫宮理央
姫宮理央
(すっごい笑ってる…笑い上戸なのかな?)
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
あははっ…はー…
次はお姉ちゃんの番だよ?
ほらじゃーんけーん
姫宮理央
姫宮理央
(……………そうだ!)
た、タイム!!!作戦タイム!!
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
ウフフ…良いよー?
マコもちょっと笑い疲れちゃったし
ニョロ子
ニョロ子
理央にょん、どうしたニョロ?
姫宮理央
姫宮理央
良いから耳貸して!



コソコソコソ


ニョロ子
ニョロ子
…えー!!!
そんなん絶対怒らせるか
バカにされるかどっちかニョロ!
姫宮理央
姫宮理央
で、でも一瞬ビックリしない?!
やってみなきゃわかんないでしょ?!
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
内緒話終わったー?いくよー
じゃーんけーん
姫宮理央
姫宮理央
(ええい!やったれ!)



ぽん!


理央ピストル型にした手を出す。


時が止まる。


見てられず目を隠すニョロ子。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
………何それ
姫宮理央
姫宮理央
ぴ、ピストルです…
じゃんけんで最強の手というか…
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…………バカにしてるの?
ニョロ子
ニョロ子
ほら!!
言わんこっちゃないニョロ!!
バカ!理央にょんのバカ!!
めっちゃアレ怒ってるニョロよ?!!!
姫宮理央
姫宮理央
あ、あれ…ダメ?
面白いの好きって言うから
ウケると思ったんだけど…
ニョロ子
ニョロ子
ちっっっっっとも
面白くないニョロよ?!!!
むしろ何でウケると思ったニョロ?!
自分で自分のギャグに笑う
芸人くらい寒いニョロ!!
謝るニョロ理央にょん!早く!!!
姫宮理央
姫宮理央
そ、そこまで寒くないよ!!


その時、理央の胸ポケットに
あるお札に気付くマコちゃん。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
(…あれは…蔵馬の…護符?
あんな強力な力の護符を
持ってるなんて…!
それを使えばココから
出る事だって簡単なのに…なんで…)


ぎゃあぎゃあ言い合う2人を見る。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
(………)
姫宮理央
姫宮理央
あ、あのー…マコちゃん?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
……ぷっ…

あはははは!てっぽうって!
何それお姉ちゃんそれでも16歳?!
あはっあははははははは!!!
ふふっやだー!お腹いたい…!
あはははっ!!!
姫宮理央
姫宮理央
え…あ、あのー…



笑われて今更ながら
恥ずかしくなる理央。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
はー…こんなに笑ったの何年ぶりかも
…良いよ、降参!マコの負け!


パチンっと音がしたと思うと、
鏡の前にいる2人。

反転していた景色も元に戻る。

姫宮理央
姫宮理央
!!
ニョロ子
ニョロ子
やっと出られたニョロー!!


目の前の鏡にはマコちゃんが写っている。

鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
それで?
お姉ちゃん達マコに
聞きたい事があるんだっけ?
ニョロ子
ニョロ子
何で知ってるニョロ?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
ワンちゃん水溜りに
引っ張る前に金次郎と
話してるの聞こえてきたもん
姫宮理央
姫宮理央
う、うん…
怨霊化した妖魔について何か知らないかな?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
…………あのね、
メリーちゃんって知ってる?
姫宮理央
姫宮理央
電話の…メリーさんの事?
鏡のマコちゃん
鏡のマコちゃん
そう。最近様子がおかしいんだって。