無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

幸せな1日 You&🐰
ぐうちゃん
ぐうちゃん
あなたっ!








そう言って抱きついてくるのは可愛い可愛い
私のうさぎさん
○○
○○
なぁに?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
なんでもなーい
○○
○○
もぉ〜ww






結構低レベルなイタズラをしてくるんだけど
これが私たちの日課みたいな感じ














○○
○○
ぐうちゃんっ!
ぐうちゃん
ぐうちゃん
なーあにっ?
○○
○○
なんでもなーい
ぐうちゃん
ぐうちゃん
もぉ!
○○
○○
んふふ〜









ぐうちゃん
ぐうちゃん
あなた!!
お腹空いた!
○○
○○
ん〜
何食べる?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
えと、オムライス!
○○
○○
分かった〜




ご飯の予想図






○○
○○
できたよ〜
ぐうちゃん
ぐうちゃん
頂きます!
○○
○○
どーぞ!





頂きますって手を合わせてからぐうちゃんは

私にスプーンを握らせて口を大きく開けて待っている
○○
○○
自分で食べれるでしょ〜?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
食べれない!  だからあなたが食べさせて?
そう言って上目遣いで私を見てくる
○○
○○
その顔すればいいと思ってるでしょ?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
うん!!






全く、、「うん!!」じゃないわよww







まぁ嬉しいんだけど
○○
○○
あーーん
ぐうちゃん
ぐうちゃん
あーーん
ぐうちゃん
ぐうちゃん
(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”



可愛いなぁ〜
いつまでも眺めてられるよ
そのままでいてね?可愛いうさぎさん?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
美味しいっ!
○○
○○
ありがと〜






ぐうちゃん
ぐうちゃん
あなたっ!
○○
○○
今度は何?ww
ぐうちゃん
ぐうちゃん
お昼寝しよっ?
○○
○○
食べたばかりだから太るよ?
牛になっちゃうよ?
ぐうちゃん
ぐうちゃん
大丈夫!  ほら!おいで〜





手を大きく広げて待っている



子供だなぁ




私も充分子供なんだけどね
○○
○○
おやすみ   ぐうちゃん
ぐうちゃん
ぐうちゃん
おやすみ    可愛い可愛い僕のあなた





そのあと二人は気持ちよさそうに眠りについたとさ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 r u a n
r u a n
r u a n
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る