無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
410
2020/08/02

第150話

恋人ってなんだっけ
正門「お疲れ様」













ドリアイの生配信が終わり、自販機に飲み物を買いに行くと良規と会った













『お、お疲れ』














なんなん、この短髪めっちゃ好み…




















良規はくしゃっと笑うと、あなたの頭に手をおいた
















正門「頑張って、出たんやろ。お疲れ様やな(ニコ」

















今絶対顔赤いわ、、















見ないでほしい…///

















『よ、良規先買っていいで///』















正門「あ、ほなお先に。」

















良規はあなたの頭から手を離すと、自販機にお金を入れた

















まだ頭には良規の手の暖かさが残ってる感じがする





















がしゃんっ


















良規はしゃがんで、ジュースを取るとあなたに渡してくれた



















『へっ、、?』






















正門「あなたに渡すために自販機来たからさ、笑」
























ずるいわ、、何で好きになることばっかりやってくんの?




















気がつくと、目から涙が溢れてきていた




















良規はびっくりした様子であなたの顔をのぞきこんだ

















正門「え、あっごめん!これ嫌いやった?」

















『違う……グスッ』













良規はめずらしくおどおどしてる

















『もう好きになったらあかんって分かってんのに、良規のこともっともっと好きになってまうの……グスッ』


















良規は優しく抱きしめてくれた


















正門「そんなことで泣いとんのか、笑可愛いなぁ、、」











そして、頭をなでてくれた












正門「俺が悪かってん。世の中に負けて別れよなんて言ってしもてさ」

















良規は急に真面目な声に変えた












正門「これからはずっとずっとあなたのこと大切にするから。約束する」












あなたのことをもう一度強く抱きしめると、そう言った














あなたは強くうなずいた