無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

316
2020/08/01

第148話

728の日
『楽しんでいけんのかーー!』








全員「イェーーーーーーーイ!!」







『関西ジャニーズが1番すごいってとこ見せてやりましょうー!!』












あなたの合図を境にステージから水が打ち上がった








大橋「ふぉーーーーー!!」











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





2日前











マネ「行けるか」









マネが家のソファに座り、重い表情で言った






いつものうるさいマネとはまるで別人みたいな。











『できます。絶対やりとげますから』











マネ「おう、それこそあなたや笑」















ギュッ












マネが家から出て行ったあと、いきなりはっすんが抱きついてきた













『どうしたん?笑』











大橋「あなたがな、ドリアイ出られへんかと思ったからグスッ」










そんなことか、笑笑








可愛いなぁ笑笑








いつもはあなたがはっすんに抱きついてんのに、今は逆









『でーへん訳ないやろ?笑笑』



大橋「良かったグスッ」



藤原「お前そろそろ離れへんと、、、」








丈くんの目線の先にはみっちーg……












ギュッ!!









道枝「俺のあなたから離れてくださいよー!」







みっちーwwww









大橋「たまにはええやんかー!」



道枝「よくありませーん」









『うん、分かったから。どっちも離れて?』









全員「wwwwwwww」








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




小瀧「続いては、水色!!!」












〜あなたが1人でダイスマをスローバージョンで歌い出す〜














『ohダイヤモンドスマイル、、youダイヤモンドスマイル、、いーちびょうさきーはもっともっともっとかがやーくぅ、、』










『愛しちゃって、、愛しちゃって、、愛しちゃっていーじゃないかmho、、永遠にきらーめけぇ』





















続きます~

♡も押してくださいね😌