無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

🐱
You
You
えっ…
慎
慎
はじめまして😊
慎って言います。
You
You
………
慎
慎
あの…ビックリしすぎです。
慎
慎
かたまってますよ?😊
You
You
あっ…ごめんなさい。
慎
慎
いえいえ😊
慎
慎
あなたさんですよね?
樹さんから聞いてます😊
予想通りとても可愛いですね樹さん
樹
樹
だろ?笑笑
でも渡さないからな笑笑
慎
慎
えぇ…こんな美人で可愛かったら俺奪っちゃいます
慎
慎
カラダのラインからして最高じゃないですか
樹
樹
あなたさんのカラダすっごい綺麗だよ
You
You
……
樹
樹
あなたさん?
You
You
なに…?
樹
樹
実は慎以外にもまだ仲間いるんです😊😊😊
慎
慎
まだ来てないんですか?遅いですね😅
だったら先に俺あなたさんのこと犯しますよ?笑
樹
樹
慎はやいって‪笑
慎
慎
俺我慢出来ないです
You
You
ちょっ!


唇を押されるようにキスされる。




彼の唇は柔らかくて優しい。
慎
慎
樹さん、俺本気であなたさんのこと奪っちゃいますよ?
慎
慎
ほんと可愛い
樹
樹
それは無理だなぁ。
いくら慎でもあなたさんは渡せない。
慎
慎
じゃあ
慎
慎
"カラダ"で勝負しましょうよ
樹
樹
望むところだ



なに…



何が起きるの。



今から犯されるの…?



樹に注がれた液がドロッと



おりてくる感触がした。



気持ち悪い…。



私は…



もう彼らに支配されてしまう。