無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🐱
じゃああの時、壱馬が言ってたこと




全部罠だったんだね。





2人がやろうとしてたこと、やっと分かった。






そんなに私が恋しいの…?






あなたなんかっ選ばないでよ。






でも嬉し。











沢山の"カラダ"を求めることが出来るから。








なんか笑えてきちゃう。













もっと早く気づけばよかった。







新しい自分にね。なんて




今の自分は思ってないんだろうな。