無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🐺🐷
翌朝





こんな早い時間なのに、朝から壱馬と北人がいない。






You
You
壱馬ー?
You
You
北人ー?



ずっと名前を呼ぶが、なかなか返事が返ってこない。





こんな日は1度もなかった。





出掛ける時も、壱馬か北人は私と居てくれたから2人もいないなんて





おかしいと思った。




まだ4時半。だけど、




多分、2人はここにいない。












You
You
よし。











2人を探しに行こう。






















まさか、あんな事が起きてるとも知らずに。