無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🔞🐺🐷
壱馬
壱馬
誘ってきたのそっちだからな。
覚悟しとけよ。
You
You
んッ……



甘くて優しいキス。


でもだんだんと激しいキスに変わる。
You
You
んっ…ふぁ…っ
壱馬
壱馬
何だよその声‪笑
もっと俺に甘い声聞かせて?
北人
北人
ちょっと壱馬!
壱馬だけずるいっ!
壱馬
壱馬
しょーがねーなー
下いいよ。
北人
北人
ありがとう😊
壱馬
壱馬
あなたの綺麗なカラダみせて



そう言うと、上から順に脱がされていく。




2人も同時に服を脱いで、準備満たんだよ?と言う目でみつめてくる。




少し触れられただけでもカラダが反応して言う事を聞かない。



北人
北人
めっちゃ感じてるじゃん
北人
北人
かわいっ/// 
You
You
ひゃあっ!
壱馬
壱馬
あなたここ弱いもんね?
この2人はもう弱い所なんてお見通しのようで、楽しそうにしている。






膨らみにそっとふれて、突起をいじってくる。
You
You
んんんッ!ダッ…メ!
壱馬
壱馬
ダメじゃないやろ?
もっとだろ?
北人
北人
あなたこっちにも集中して。
You
You
あっんっ…!
太股をツーとなぞられ、ソコに触れる。
You
You
ひゃあっ!んっ…
北人
北人
ちょーいじめたくなる。
壱馬
壱馬
可愛いわ~
You
You
んっ…!ダメッダッメ!
北人
北人
あなたみて?
もう3本も入るよ?
そんな感じちゃってあなただけずるいな~



北人の指が自分の中を掻き乱す。






その指が止まることはない。
You
You
あっ…あッイ
北人
北人
まだいけるよね😊
もっともっと騒いでよ。
You
You
イッ…んッ
壱馬
壱馬
いい声出すやん。
北人
北人
壱馬ーそろそろよくない?
壱馬
壱馬
北人先いいぞ
北人
北人
じゃあお先に
You
You
やッ!…ダメッ…イッ…んッ




ゆっくりと私の中に北人のモノが入ってくる。
北人
北人
はぁ…/// 
北人
北人
やっば
You
You
あッんッ…!



トンっと軽く打ち付けられただけでも意識が遠のく。
北人
北人
あなた意識飛ばさないでね
You
You
んんッうッん
言われたとたん、飛ばしちゃいそうになって北人の腰に脚を絡める。
北人
北人
はっ…可愛いっ



だんだん北人もペースをあげて、奥に奥にと打ち付けてくる。
北人
北人
はぁっ…やっばい…
You
You
んぁ…あぁ…ぁぁ…ッん
You
You
もうダメッ…イッんッあぁ
北人
北人
あなた待って、もう少し我慢して
You
You
ムリッ!ひゃッんッ
部屋中に音と声が響く。
北人
北人
あーやばい
もう絶頂に達してしまいそう。
You
You
んッッ!
2人同時に果てた。




北人が私に覆いかぶさって、奥の方にノックしてくる。




中に注がれた愛液。




ドクドクと入ってくる。




北人
北人
はっ…
You
You
あッ…
北人
北人
はぁ…





ゆっくりと北人のモノが抜かれていく。
北人
北人
あなたやばい。
You
You
はぁ…
You
You
危なかった
北人
北人
半分意識飛んでたよ笑
You
You
めっちゃ疲れたー






ベットに寝転ぶ。
やっと終わった。





そう思ったけど、誰か1人忘れていた。
壱馬
壱馬
あなた?次は俺だよ?
たっぷり相手してな?
You
You
まだッ…イッ…tんッ…





第2回戦目のはじまり。