無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🐺🐷
なんだかんだ話してると昼。







朝から少し気になっていた。






2人に少し落ち着きがないこと。






座っては立っての繰り返し。









You
You
ねぇ…2人とも座ったら…?
壱馬
壱馬
あぁ…
北人
北人
うん…ありがとう。




ずっとこの会話しかしてない。
You
You
大丈夫…?具合悪い?
北人
北人
ううん。大丈夫。
You
You
壱馬は?
壱馬
壱馬
大丈夫。
You
You
そっか。なんかあったら言ってね?




そう言うと2人とも黙りこんでしまった。








何かある。









それが知りたい。


















あっ。そういえば、壱馬なんか言ってた。












それが関係してるの?









何としてでも解決させよう。






今日から私、あなたは探偵になります。