無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

🐺🐷
翌朝
北人
北人
あなたおはよ
You
You
おはよー
北人
北人
壱馬は?
You
You
分かんない
You
You
どっか出かけてるんじゃない?
北人
北人
そっかー
You
You
うん
北人
北人
じゃあさ、今からシよ?
You
You
今はダメ!朝はダメ!
北人
北人
なんでよ
北人
北人
朝だからって関係ないじゃん
北人
北人
ねぇいいよね?
You
You
ダメです。
You
You
夜まで待ってください
北人
北人
じゃあ夜はいいの?
You
You
暗いからね
北人
北人
それだったらあなたのカラダ暗くてみえない
You
You
恥ずかしいから~いーやー
You
You
拒否。
北人
北人
つまんな
You
You
くない~
北人
北人
い
北人
北人
つまんない
You
You
まぁまぁ
You
You
ゆっくり過ごしましょうよ
You
You
ねぇ、1つお願いがあるの。
久しぶりに外に出たいの。
北人
北人
ふーん
北人
北人
壱馬に聞けば
You
You
何その冷たい反応
北人
北人
冷たくねぇし!
You
You
認めなって~
北人
北人
ッ…
You
You
笑笑







外に出たい。そう思った。














あっ。違うよ。


























逃げようなんて考えてないよ?























だってもう私は






















"カラダ"を求めてるだけだから。