無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🐺🐷
そう言って私をベットに押し倒す。




深くKissをされて息が出来なくなる。




けど、どこか甘いKissで柔らかい。
You
You
苦…ッし…いッ
そう言うと逆に強引にKissをしてくる。




けど、どこか感じてしまう自分がいる。
壱馬
壱馬
Kissだけで感じてるの?
可愛いオオカミさん。
You
You
ちがッ
壱馬
壱馬
違くないじゃん
壱馬
壱馬
もっと遊んであげる
You
You
痛ッ…い



首筋にチクッと痛みがした。




と思ったら、次は耳を甘噛みされる。
You
You
ンンッ!
壱馬
壱馬
🤫
壱馬
壱馬
北人起きちゃうじゃん
北人
北人
んーぅー…💤
壱馬
壱馬
あっぶね
You
You
だからッ…ダメッ…
壱馬
壱馬
ダメじゃない。
本当はしたいのに?
“カラダ"は正直なのにね
You
You
違ッ…
壱馬
壱馬
悪い子になっちゃったね
壱馬
壱馬
じゃあ俺が本当はどうか確かめてあげるね😊





不気味に笑う彼。













それは






















まるで






















私の知らない壱馬。