無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🔞🐺🐷
壱馬
壱馬
あなた?休んでる暇なんてないで?
You
You
うッ…んッんッ
壱馬
壱馬
はぁ…ッ


ゆっくりと壱馬のモノが入ってくる。




すぐに絶頂に達してしまいそうで我慢が難しくなる。
You
You
あッ!んッ…っ
壱馬
壱馬
あなたまだ我慢してっ
You
You
あッあッあーんッんッ!
壱馬
壱馬
はぁ…可愛い奴
壱馬
壱馬
ほんとズルいわ



そう言うとだんだんスピードがあがってくる。



もう我慢できない。



グッと奥まで押しこんできて、ノックされる。
You
You
もうダメダメダメッ!壱馬ダメッ!
壱馬
壱馬
はぁ…まだや。まだ。
You
You
もう無理ッ!んッ…んッんッ…
You
You
あッ!
壱馬
壱馬
もうイッたん?
壱馬
壱馬
俺まだやから付き合って
You
You
あッあッあッんんん
壱馬
壱馬
はぁ…っいいよ。あなた。
壱馬
壱馬
すっごい可愛いよ
You
You
もうイッk…
壱馬
壱馬
はぁ…俺もイきそ




さっきよりも激しく腰を打ち付けてくる彼。







乾いた音が響く。



You
You
んッんッんッんッんッ!
壱馬
壱馬
はぁ…はぁっ



2人同時に絶頂に達した。




ゆっくり中に入ってくる壱馬の愛液。







何度出されたってこの感じはなれない。
壱馬
壱馬
はぁ…っ
壱馬
壱馬
あなた最高だよ?
壱馬
壱馬
俺と相性抜群
壱馬
壱馬
また頼むで?