無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🐺🐷
ごめん。壱馬北人。



私外に出て2人を探しに行く。



どこにいるか分からないけど…。









絶対みつけるね。
You
You
壱馬ー…北人ー…





2人の名前を呼ぶ。



だが、返事がない。





もう…どこにいんの…。
???
???
みーっけ
You
You
んッ!




口を塞がれた瞬間、甘い匂いが広がる。









あれ…意識が遠のいていく…。










ぼやっとする…。











カラダが痺れる…。痛い…よ。















???
???
可愛いお嬢さん?
大丈夫ですか?笑























その言葉を最後に、




















意識を手放した。