無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

🐺🐷
翌朝




今日も雨です。




それに風が強いです。




窓の外からじっと眺めてることしか出来ません。




こんな日は外にも出たくありません。


北人
北人
あなた~ 
おーーーい!
You
You
は、はい!
北人
北人
ぼーっとしすぎ。
You
You
あっごめん。
北人
北人
どうした?なんかあった?
You
You
いや、今日も雨なんだなって。
北人
北人
うん…。
壱馬
壱馬
でもな
You
You
ん?
壱馬
壱馬
雨上がりに虹が出来るだろ?
その虹がすっごい綺麗なんだ。
葉に落ちる雫がすっごい光ってて、違う世界みたいだ
You
You
虹…か…
You
You
小さい時お母さんとよく虹眺めてたんだ。
北人
北人
綺麗だよな~
北人
北人
あの七色。素晴らしい組み合わせっていうか
You
You
なんか分かる。
北人
北人
でも、
You
You
でも?
壱馬
壱馬
あなたの方がずっと綺麗だ。
北人
北人
とても美しい




やめてよ2人とも。



私の方が綺麗だなんて。



虹の方がもっと綺麗なのに。



私になんて、輝きも何もないよ。



なのに綺麗なんて…。



だったら





























2人の方がずっと輝いて綺麗にみえるよ。