無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

🐱
4人に囲まれながら服を脱がされる。




それと同時に4人のカラダが露になる。





綺麗に仕上げられた腹筋。





少し見とれてしまう。






自分でも少し熱を感じ、全身に渡っていくこの感じ。






言葉に表せないぐらい好き。






でも力が入らない。





スッと抜けて、押し寄せる快感。






たまらない。






私の求めるものが













最高すぎて。








4人の顔をじっくりみる。



でも、何かと恐怖は感じなくなっていた。













彼らとの"カラダ"の相性がすごく良くて、












すごく好みだった。