無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🐺🐷
You
You
待って壱馬!やめて!
壱馬
壱馬
そんな怒鳴ってどうした?😊
北人
北人
なんだよ… 
朝から騒がしいぞ。
壱馬
壱馬
あー起きちゃった
You
You
もうやめて…
You
You
私の知ってる壱馬でも北人でもない
壱馬
壱馬
なーに言ってんの?
ふつーの俺らじゃん。
北人
北人
そーだよ?あなた
You
You
違うっ!
私の知ってる壱馬はもっと人に優しくて、いつもあなたのこと構ってくれて
欲しいものとか行きたい所ある?とか語りかけてくれて、毎日あなたを笑わせてくれて、毎日楽しかった。けど、今となっては知らない壱馬なんだよ
You
You
北人は、あなたが困ってる時助けてくれたり、風邪引いた時は私の家で看病してくれたり、苦手な勉強だって沢山教えてくれて、おかげでいい高校だって入れた。あなたは北人に感謝しかないよ。けど、まるっきり変わっちゃった
You
You
けど、2人を変えてしまったのは自分のせいなんだ。
壱馬
壱馬
……
北人
北人
……
You
You
だからっ!こんn…
壱馬
壱馬
違う。
北人
北人
こんなこと
壱馬
壱馬
俺らだってしたくなかった