無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

182
2021/07/10

第6話

夢主の過去2







*





(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
もう……イヤだ…!



ダッ









私は無我夢中で家を出て行った








ドンッ


私は人とぶつかってしまった
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
あ……ごめんなさい…!
???
あ………こっちこそごめん


そう言って彼は手を出そうとしてくる


(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
ビクッ
あ、さ、触らないで…!!



私は彼に強く怒鳴ってしまった。
そしたら彼はびっくりした顔をして驚きを隠せないでいた。



(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
あ、ご、ごめんなさい……!!

私は咄嗟にそこから逃げ出そうとした

すると彼は何故か「待って!」と私の手を掴んできた


(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
な、何………?



















*









???
なんで泣いてるの…?

彼は泣きそうな目をしながらそう聞いてきた





















Next➥





主
これからこの話はこんな感じで書くことにしま〜す!