無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/07/24

第9話

夢主の過去5










コツコツッ


(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
…………

恵くんと別れたのは良いけど悟にぃ一体何処にいるの?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
悟にぃ……(。•́ωก̀。)…グス








???
あなた!!!!





































あ、














(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
悟…にぃ…!
悟
あなた!
大丈夫!?怪我とかない!?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
だ、大丈夫だよ(*゚∀゚*)
悟
ハァ……
良かった


悟にぃは心配しながらずっと私の頭だったり頬だったり肩を触って無事を確認してる。その中で"良かった"って一言言い放った
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
え…………?
なんで私のことを心配してるの?母様達の話聞いてたの?私は家の恥なんだよ?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
なんで心配するの…?
私は本心で何故なのか正直に聞いた
すると帰ってきた言葉は……
















































悟
は?兄妹なんだから心配して当たり前だろ?

悟にぃは何言ってんだ?とでも言いたげに首を傾げながら頭にはてなを浮かべている

その時の私の心はきっと今までにないほど心の中が満たされていたのだろう私は嬉しくて嬉しくてそこで泣きながら家を勝手に出てしまったことを必死に謝った
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
ゥゥ。・(つд`。)・。ごめん…なさい勝手に…家を出てってごめんエグッ…なさい
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
.°(ಗдಗ。)°.うわぁぁぁん!!
悟
!?あなた泣かないで
ね?落ち着こ?
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
悟にぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!(-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩___-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩-̩̩̩)

私はその時回りなど気にせず初めて感情を表に出した