無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/07/11

第7話

夢主の過去3
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
え……?
わ、私…泣いているの?






*
???
うん…
泣いてるよ








*


(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
そっ……か…







私が泣いてるのはきっとさっきの家のことで泣いているのだろうな。
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
あ…あの……


どうしても気になる


(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
あなたのな、名前おしえて…?
???
俺は……
恵

伏黒 恵
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
よろしく……!(天使スマイル)
恵
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン






あれ?
なんか顔が赤いけどどうしたんだろう?

そのとき誰かが私の腕をパシッと掴んできた
え?誰?怖いんだけど
後ろを振り向くとそこにいたのは……




































悟
ハァハァ
やっと見つけた






息を切らしているサトルにぃがいた






(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
な、なんでここに…?
悟
ハァ探してたハァハァ

嘘だ……
きっとあの人たちが探して来いとかさでも言ったのだろう



そんなわかりやすい嘘をつく必要ないのに………
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
なんで探すの……
恵
ッ!!
恵
行こっ…!
彼…じゃなくて恵くんはいきなり私の腕を引っ張って走り出した
「なんで…?」って私が聞いたら「辛そうだったから」って言って来た
フフっ
案外優しいところもあるんだね
彼は急にこんなことを言った





恵
一緒に逃げよ…?!
(なまえ)(監督生)
あなた(監督生)
え………!?












Next➥






主
速攻で書いたからなんか内容が薄い……