無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
お嬢
お嬢
お母様!
オンマ
オンマ
あなた…もうオンマは先が長くないみたい…
お嬢
お嬢
嫌です!お母様
オンマ
オンマ
お爺様がお待ちなのよ。伺ってきてちょうだい
お嬢
お嬢
でもお母様!
オンマ
オンマ
私は負けないわ…早く行きなさい…
お嬢
お嬢
はい、必ず生きていてください
高級ビル85階
コンコン
お爺様
はい
お嬢
お嬢
私です
お爺様
入りなさい
お嬢
お嬢
どうされましたか?
お爺様
ヨアン(あっぱの名前)もサラ(おんまの名前)も仕事が出来なくなってしまった。跡継ぎは……に頼んでおる。そこでだな、あなたは高校生だったな。
お嬢
お嬢
はい
お爺様
……もハヌル(姉の名前)も家を持った。あなた今住んでおる家ではなく新しい家で普通の女の子として、1人で暮らしなさい。
お嬢
お嬢
あ、は、はい
お爺様
これが地図だ
お嬢
お嬢
ありがとうございます。
お爺様
困ったらいつでも来なさい
お嬢
お嬢
はい。失礼致します。
お嬢が一般人デビューするってよ