プリ小説

第13話

混乱。
ンダホ
ンダホ
あなた…
シルク
シルク
大丈夫。大丈夫。
マサイ
マサイ
みんなついてる。
先生
ちょっとお話があります。
みんな
はい。
先生
あなたさんに脳腫瘍が見つかりました。この脳腫瘍は…
脳腫瘍。



3人とも意味が分からなかった。
先生
グレード4。位置からして悪性。余命は1年です。
余命1年?
ンダホ
ンダホ
それってホントなんですか。
マサイ
マサイ
あなたはホントにガンなんですか。
先生
残念ながら… ご本人にはお伝えしましょうか?
シルク
シルク
だほが決めな。
ンダホ
ンダホ
僕らが伝えます。
ンダホの目には涙が浮かんでいた。
先生
分かりました。ですがいつか伝えなければいけないということは忘れないでください。
ンダホ
ンダホ
はい。
シルク
シルク
では。
マサイ
マサイ
ンダホ、よく頑張った。
そう言ってマサイとシルクは背中をさすった。
ンダホ
ンダホ
なんで…あなた…が…病気…?
ンダホ
ンダホ
なんで…死ななきゃ…ダメなの…?(泣)
マサイ
マサイ
辛いよな…
シルク
シルク
あなたとめいいっぱい楽しも?
ンダホ
ンダホ
うん…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。