無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

死ぬの…?
先生
じゃあおやすみなさい。
あなた

はい。

先生
いつ、ガンのこと言うんだろうな…
あなた

ガン…?

看護師
余命1年ですからね…
看護師
言うのもきっと辛いでしょう。
先生
だな。
あなた

(余命1年?死ぬの?みんなはだからあんなこと…)

あなたは知ってしまった。





なにもかも。
あなたにできること。




それは人生を楽しむこと。
そして泣くことだけだった。
みんなには黙っておかなきゃ…
だって、みんなも辛いはずだから。