無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

802
2019/09/01

第28話

強敵
エイジ
あなた、
ソファに座ってると隣に来た
あなた

うん

エイジ
そらと、仲良いんだ
あなた

んー、仲良いといいますか
そらアホだよね

あなた

そっちも、結葉ちゃんと仲直りできて
良かったじゃん

エイジ
うん、まあ。
あなた

じゃ、お風呂入ってくるね

エイジ
俺さ、
あなた

ん?

エイジ
まだ本気だから
あなた

ふーん
言ってるねえ笑

エイジ
何それ笑







♡♡♡




湯煎にしっかり浸かる





あなた

(少し、嬉しいとか正直思った)



本当に一週間ぶりくらいにしっかり話した

悪魔さんのどことなく落ち着く低音ボイスに

ちょっと浸っていた
あなた

はぁ

あなた

(わりと、ダメ恋なんだよな〜私)













♡♡♡












坂野苑夏
最近どうなの?
あなた

え!どうなの?ってー。
ほんとに変わりないよ

藤川樹奈
おはよっす!
あなた

おはよう

坂野苑夏
おはー
藤川樹奈
なんすか、また進歩ですかいな??笑
あなた

違う違う〜笑

多辺田結葉
あのさ、
あなた

あ、はい!!!!//

坂野苑夏
ん?
藤川樹奈
どうしたっすか?
多辺田結葉
宿題どこだっけ?笑


結葉ちゃんは頭を傾けた
あなた

(か、可愛い..)

あなた

あるけど、2ページもある

多辺田結葉
うわー、やらかしちゃった
あなた

見せよっか??

多辺田結葉
本当!?!ありがとう〜
あなた

うん!うん!いいよ!



私は宿題をすんなり渡した
坂野苑夏
あんたまでやられてんじゃん笑
あなた

だって、可愛いじゃん
なにもかも

藤川樹奈
入江美菜に続く美女って感じっすね
坂野苑夏
だからこそ頑張らないと!!
コロってやられるわよ
藤川樹奈
まあ、あなたも可愛いし頑張るっす!
あなた

うえーーー、うん








♡♡♡







私達はいつも通りランチタイムをしていた
坂野苑夏
唐揚げてんこ盛りじゃん
すごいね樹菜の食いっぷり
誇りに思うよ
藤川樹奈
やっぱり、栄養補給大事っすよね〜
坂野苑夏
そんなに、ドヤることじゃないけどね
あなた

よく、そんなに痩せてるよね

坂野苑夏
樹菜は、よく動くからね
藤川樹奈
それだけじゃないっすよ〜
でるものもで..
坂野苑夏
今言わない!!
あなた

wwwwww

多辺田結葉
あ!あなたちゃん!さっきはありがとう
あなた

結葉ちゃん!あ!いやいや全然

多辺田結葉
あのさ、図々しいかもだけど
今日いちごサンドたくさん作りすぎて、、
良かったら一緒に食べてくれませんか??
藤川樹奈
はい!はい!もちろんっす!
坂野苑夏
ええ、美味しそう!!!!♡
あなた

二人はやっ
こんなにいいの?

多辺田結葉
もちろん!二人にも食べてほしいし
藤川樹奈
本当っすか?!
坂野苑夏
私、いちごだけは目がないの分かってるわ〜
多辺田結葉
ええ?ほんと?笑
食べて!食べて!
坂野苑夏
ヤッター!!
藤川樹奈
来てきて!
樹菜は、イスを一つ持ってきて

4人でランチタイムすることになった



そらとエイちゃんが惚れたあの子は中身も素敵で

嫉妬を通り越して私にはかなわないんだって

感じてしまった



ほんのり悲しくなってしまった
坂野苑夏
あなた?



顔にでてたんだと思う

苑夏が言って呉れた
あなた

ちょっとお腹痛くなってきた
トイレ行ってくる

藤川樹奈
出すもんは出し..
坂野苑夏
オーイ!!やめろ!
大丈夫?一人で
あなた

うん、全然大丈夫

坂野苑夏
分かった、気をつけて
あなた

ありがと








♡♡♡







あなた

(自信ないよぉ〜〜。)

あなた

(私より何百倍も魅力だらけの可愛い子に勝てっこない..)



胸が、苦しかった