無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

私の傷を癒してくれるのは.......。
今回のお話はリスカや血が出てくるのでそうゆうのが嫌いな方はバックすることをオススメします
あなた
あなた
ただいまぁってまあ誰もおらんねんけど
あなた
あなた
今日も最悪な1日やったなぁ。
自分の部屋へと向かう
あなた
あなた
もう、無理やわ
カッターを手に取り手首に当て、スゥッと引くとうっすらと血が滲んだ
akito
akito
あなた?
あなた
あなた
えっあっくん?
akito
akito
あなた何してん.........。リスカしたん?
あなた
あなた
ごめん
リスカしててあっくんが帰ってきた事にすら気付かへんかったみたい
akito
akito
もうせえへんって約束したよな?
あっくんいつもより怖い
あなた
あなた
ごめん泣き出す
akito
akito
泣かずに教えて?
あなた
あなた
ごめん。何でやったのか自分でも分からへんねんほんまにごめん
akito
akito
そっか。じゃあなんか辛いことあったらすぐに俺に言うこと。これ、約束な?
あなた
あなた
うん。ありがとうあっくん
akito
akito
ほな、血止めよか
あなた
あなた
うん。あっくんこっちむいて?
akito
akito
ん?どうしたん?あなた
チュッ
あなた
あなた
あっくんいつもありがとう。
akito
akito
///あったりまえや!任しとけ!絆創膏取ってくるわ!
作者、リスカしたんで書いてみました