無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

request
tomohiro
tomohiro
あなた!今日は俺、offやから出掛けよか!
あなた
あなた
智くん、今日休みやったん!出掛けたい出掛けたい!
tomohiro
tomohiro
じゃあ、用意しよか。
あなた
あなた
うん!
久しぶりに智くんと出かけるから気合いが入る。
tomohiro
tomohiro
あなた?ちょっとこっち来て?
あなた
あなた
はーい
tomohiro
tomohiro
ほらここ座って!
あなた
あなた
うん!
智くんは私の髪を弄りながら
tomohiro
tomohiro
あなたは髪の毛めっちゃ綺麗やなぁ
あなた
あなた
そうかな
tomohiro
tomohiro
俺、髪の毛基本、バッシバシやからなぁ
あなた
あなた
ちゃうやん。智くん髪染めすぎなんやって
tomohiro
tomohiro
それもあるかwww
なんて話していると
tomohiro
tomohiro
はいできた!
あなた
あなた
凄い綺麗に巻けてる!
あなた
あなた
智くん、髪の毛とかやるん上手すぎ
tomohiro
tomohiro
そう?
やっぱり智くんも久しぶりやから気合い入ってるんかな
あなた
あなた
服はこれかな
tomohiro
tomohiro
あなた。これ着てや
智くんが持ってきたのはめちゃめちゃ短いミニスカ
あなた
あなた
短ない?
tomohiro
tomohiro
全然
あなた
あなた
そうかな?
tomohiro
tomohiro
おん!
私は智くんが持ってきたミニスカに着替えて、智くんと家を出る
あなた
あなた
なあ智くん。どこ行くん?
tomohiro
tomohiro
ないしょ
私の何度目かの質問に彼はイタズラっぽく笑って答える
あなた
あなた
なあ智くん?
tomohiro
tomohiro
着いた
急に彼が足を止めたので私は驚く
あなた
あなた
え?でも、ここって高そうやけど
tomohiro
tomohiro
まあ、他のとこよりはちょっと高いくらいやな
ほんまにちょっとなんかな。ってなるくらいスタイリッシュな雰囲気が漂ってるんですけど
tomohiro
tomohiro
予約した神山です
予約?もうここに来るって前から決まってたん?
全く知らんかったんやけど
なんて考えていると席に通されていて、智くんは涼し気な顔で席に座った。それにつられて私もイスに座った
店員さんが去ってから私は今までの疑問を口にした
あなた
あなた
なぁ、智くん?どうゆうこと?
tomohiro
tomohiro
それは、もうちょっとで分かるで
私は抑揚のない声で言う智くんの声が少し震えていることに気づいた。なんでやろ。何かが怖いのかな
もしかして振られるんとちゃうかな
料理が運ばれてきた
tomohiro
tomohiro
あなた
あなた
あなた
ん?どうしたん?智くん
tomohiro
tomohiro
お、俺とけっ結婚して下さい!
あなた
あなた
ッ///はッはい!
tomohiro
tomohiro
え?今なんて.........。
あなた
あなた
だから、はいってゆったやんかぁ
tomohiro
tomohiro
えっこんな俺でええんか?
あなた
あなた
こんな俺、やなくて智くんが良いの!