無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

クリスマスプレゼントは........。
ryusei
ryusei
あなた!メリークリスマース!
あなた
あなた
りゅうくんメリークリスマス!
ryusei
ryusei
はいこれ!プレゼント!
差し出されたのは私が前に「これ可愛いなぁ。今度買お」って言って結局買わなかったネックレスだった
あなた
あなた
え?りゅうくんこれ、前うちが欲しいって言ったやつやん!覚えててくれたん!
ryusei
ryusei
当たり前やろ?
あなた
あなた
りゅうくん大好き!ほんまありがと!
ギュッ
ryusei
ryusei
///いえいえどういたしまして
あなた
あなた
あっそうそう。りゅうくんさぁなんかやって欲しい事とか欲しいものある?
ryusei
ryusei
なんで?
あなた
あなた
いやぁこの前、りゅうくんのクリスマスプレゼント選びに行ってんけどな、服はうち、センスないからダサいの選んでまうしりゅうくんだいたいそこで欲しいなって思ったら買う人やん?だから何が欲しいか分からんかってん。そこで、りゅうくんの欲しい者ややって欲しい事なんでもやるよ!
ryusei
ryusei
じゃあーこれ!なにか袋をごそごそして
あなた
あなた
ん?
りゅうくんの手にあったのはド○・キホーテで売っているようなミニスカサンタのコスプレ。
あなた
あなた
これを?
ryusei
ryusei
あなたに着て欲しい!
あなた
あなた
oh......分かった着替えてくる。
なんでもやると言ったのは自分なので直ぐに着替えることにした
あなた
あなた
(気持ちが変わる前にやらねば)
ryusei
ryusei
あなた、終わったら言ってなー
あなた
あなた
分かったぁ
数分後
あなた
あなた
りゅうく〜ん終わったー
ryusei
ryusei
うわっ///可愛い待って。予想以上に可愛い。
あなた
あなた
あ、ありがと///
いま思ったけど、りゅうくんはなぜこのコスプレ持ってたんやろ。気になるけど聞くのも怖いしやめとこ
ryusei
ryusei
写真撮ってええ?
あなた
あなた
それはあかん。恥ずかしいし
ryusei
ryusei
そーか
あなた
あなた
もう着替えていい?
ryusei
ryusei
まだあかん
ryusei
ryusei
クリスマスが終わるまで待って欲しい
あなた
あなた
分かった
口に出すのは恥ずかしいけど内心、来年もりゅうくんとクリスマスを過ごせればいいなぁ何て思ってる