無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

いじめられっ子&学年TOP
女子生徒
あなたちゃんじゃあ明日までにこれよろしくぅー
あなた
あなた
はい
いつからだろうこうやって私が雑用係となったのは。3年になった時自然と雑用係だっけ
まぁいいや。この状況が変わるわけじゃないし
junta
junta
奥沢、これもよろしく
あなた
あなた
えっはい
ついに中間くんまで私を雑用係に使うようになったのか.........。なんて考えていると肩をトントンと叩かれた
あなた
あなた
なんですか?
junta
junta
ふせん見て小声で
言われた通りふせんを見るとそこには「分からんかったら放課後図書室来て」
あなた
あなた
はい
HRが終わり、放課後となる。私は荷物をまとめ、図書室へと向かって行く
junta
junta
あっ奥沢、来てくれたんか
あなた
あなた
はい。で、どうしたんですか?
junta
junta
えっとなぁ。ここじゃなんやからこっち来て?
あなた
あなた
はい
図書室の少し奥にある小さな部屋に中間くんは向かって行く
junta
junta
あーそうそう敬語使わんといて?
あなた
あなた
いや、でも
junta
junta
これは俺がゆってんねんからタメ語で喋って?
あなた
あなた
わかった
junta
junta
んで、奥沢はわからんから来たん?でも奥沢って成績TOP3には毎回入ってるよな?
あなた
あなた
え?呼ばれたら行かないとなにかされるんじゃ.........。
junta
junta
あぁ。そういやあの女子達なら何するかわからんもんな
あなた
あなた
いや、なにかされるのは確定やねん。行ってもいかなくても
junta
junta
そっか。辛いな
あなた
あなた
で、中間くんはなんでうちの事呼んだん?
junta
junta
えっとなぁ初めて喋るのに?ってなる事かも知れへんねんけど
あなた
あなた
なに?
junta
junta
俺、奥沢の事、入学した時ひとめぼれしてもてん。だから、俺と付き合ってください!
って急に言われても困るよな。奥沢可愛いから彼氏とか居りそうやし
あなた
あなた
中間くん。うち、彼氏とか居らんし別に困ることも無い。むしろ嬉しいくらい。でもうちと付き合ったりなんかしたら中間くん嫌われるかもしれへんし中間くんのファンがおらんくなるかもしれへん
junta
junta
そんなもんどうでもいい。俺は奥沢と付き合えたらそれでいい。俺と付き合ってくれる?
あなた
あなた
こんな私で良ければ
junta
junta
よ、良かったぁ
junta
junta
一瞬断わられそうな雰囲気なってめっちゃ怖かった。でも奥沢って彼氏居らんかったんや
あなた
あなた
うん。居らんよ。クラスの雑用係なんて誰も付き合おうとはしないから。あと、中間くんに一つお願いしてもいい?
junta
junta
おん!あったりまえや!
あなた
あなた
奥沢やなくて下の名前で呼んでや
junta
junta
ええの?
あなた
あなた
うちからのお願いやから中間くんが嫌じゃなければ
junta
junta
呼びたい!呼ばして!
あなた
あなた
良かった。これで嫌われるかもって思ったらめっちゃ怖い
junta
junta
あなた!今日、一緒に帰ろ?
あなた
あなた
うん!