無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

束縛女子
中間side




俺の彼女はめちゃめちゃソクバッキー。
門限は12時。超えたら彼女は豹変する。
junta
junta
た、ただいま
貴方
貴方
なぁ。遅い
聞こえたのは切れてる彼女の声
junta
junta
ごめん。
貴方
貴方
門限覚えてる?12時って言ってたやん
junta
junta
ごめん
貴方
貴方
今、もう3時やで?
貴方
貴方
なんの飲み会?女の子居ったんやろ?早くお風呂入って
junta
junta
わかった
貴方
貴方
私が洗っていい?
まぁ俺に拒否権なんかあるわけなくて
junta
junta
うん
貴方
貴方
はよ消毒しな。それとその服捨てて。女物の香水の匂い染み付いてる
junta
junta
えっわかった
彼女が服を脱ぐ。それを眺めていたら
貴方
貴方
何してんの?はよ脱ぎーや
junta
junta
ごめん


お風呂場
ゴシゴシ
junta
junta
ふぁ〜欠伸
貴方
貴方
眠たいん?
junta
junta
……うん
あなたは美容師なだけあってシャンプー等が上手い
貴方
貴方
そんな気持ちいい?
junta
junta
うん
貴方
貴方
何処、女に触られた?
junta
junta
腕とか髪の毛めっちゃ綺麗に染まってるとか言って触られた
貴方
貴方
そりゃあ綺麗に染まるよ。一応私だって美容師やし
junta
junta
いつも染めてくれてありがとう
貴方
貴方
どういたしまして
彼女は俺の体を洗うと抱きついて来た
貴方
貴方
ごめん泣き出すほんまごめん。こんな束縛して。でもな、心配になんねん。
貴方
貴方
淳太かっこいいから色んな女に狙われてるし。私の友達に盗られそうになった時もあったし。怖いねん
junta
junta
俺が悪いねん。俺があなたに心配かけるから
貴方
貴方
淳太ぁー
いつもこうやって謝ってる。本当は俺が悪いのに