無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

転校生とのサヨナラの時間
あっという間に放課後になった
今日はらっだぁ達に見つからないように過ごした
と言ってもずっと屋上にいただけだけど…
見つからないように早く行こう…
レウクラウド
レウクラウド
コンちゃんが今日は一日見つからなかった!
金豚きょー
金豚きょー
ムキになるなや
らっだぁ
らっだぁ
でもおかしいよね?
緑
ウン……
らっだぁ
らっだぁ
あ!あれコンちゃんだよ!
レウクラウド
レウクラウド
本当だ!
金豚きょー
金豚きょー
はよ行くぞ!
緑
イコウ!
もうみんなに迷惑はかけられない…
早く……早く!
コンタミ
コンタミ
早く行かなきゃ……行かなきゃ!
らっだぁ
らっだぁ
コンちゃんの様子がおかしい
金豚きょー
金豚きょー
あれは重症やな
レウクラウド
レウクラウド
話しかけない方が良さそうだな…
緑
ドコニムカッテルンダロウ?
らっだぁ
らっだぁ
あとつけるしか分からないな…
崖に着いた
コンタミ
コンタミ
みんな俺といて楽しかったかな〜?
コンタミ
コンタミ
俺はみんなが楽しくないって言っても…
コンタミ
コンタミ
楽しかったって胸を張って言えるよ?
コンタミ
コンタミ
楽しかったから…楽しかったからこそ…
俺はみんなのために死ぬんだな…
コンタミ
コンタミ
ちょっとの間ありがとう…
そして俺は崖から落ちた