無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第2話
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
あれ....ここ、どこ?
???
ここは死んだ魂が行き着く場所ですよ
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
誰...ですか?
神様(天使)
神様(天使)
私は此処管理する天使です。神様とも言えますがね。
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
天使....そっか、私死んだんだ。
神様(天使)
神様(天使)
はい。
神様(天使)
神様(天使)
そこで貴女に提案なんですが貴女にはある世界に行って貰いたいのです。
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
.....どんな世界なの?
神様(天使)
神様(天使)
その世界では妖怪も妖怪も人間も一緒に暮らしている世界です
神様(天使)
神様(天使)
その世界に行くある家族の人になって欲しいのです。
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
....良いわ。行く
神様(天使)
神様(天使)
それではその世界に行く前に少し説明させていただきます。
神様(天使)
神様(天使)
貴女は"スカーレット家"という吸血鬼の家の人になります。貴女はその中の次女です。貴女には双子の妹が居て、レミリアという姉がいます。
神様(天使)
神様(天使)
ただ、貴女の妹は危険な存在なんです。それを止め、見守って欲しいのです。
神様(天使)
神様(天使)
大体家族についてはこのぐらいです。
神様(天使)
神様(天使)
貴女には私からの贈り物を届けます。
神様(天使)
神様(天使)
質問はありませんか?
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
はい。大体分かりました
神様(天使)
神様(天使)
それでは、行ってらっしゃいませ。私からの贈り物をしっかり扱って下さいね。
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
はい。分かりs
_璃原 深夜@あきはら みや_
璃原 深夜あきはら みや
え、キャァァァァァァァァァ













✼••┈┈┈••✼••┈┈┈••✼••┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
作者
作者
今回は転生物の有名な説明の所でしたね。
作者
作者
次はレミリア達が幻想郷へ行って紅霧異変の時からです。
作者
作者
それではフリフリ((ヾ(・д・。)マタネー♪