無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ニュース
『ドタドタドタドタド!!』
んー?
朝からうるさいなぁ…
また昨日と同じ…?
『ガチャッ』
ナムジュン
ナムジュン
ジミナー!起きてー!!
ジミン
ジミン
ヒョンおはよう
今日も朝から騒がしいんですね
ナムジュン
ナムジュン
戻ってないね…(なんか安心…)
あっほんとだ、でも昨日折角服も買ったし戻ってももったいないだけだからいっか
ナムジュン
ナムジュン
あっ、そんなことより!
大変だ!すぐ来てくれ!
何があったんだろ…
〈リビング到着〉
あれ…みんないる、珍しいな
ナムジュン
ナムジュン
ヒョン、ジミナ来ました。
ジン
ジン
ナムジュナ、ありがと。
ジミン
ジミン
みんなどうしたの?
ユンギ
ユンギ
ジミナ、これ観ろ
テレビの方を指さされた。
みんなもテレビに注目する
テレビを観ると
ジミン
ジミン
これ、昨日の…
ジン
ジン
そう…armyに見られてたみたい…
ホソク
ホソク
それも僕と二人きりの時…
ジン
ジン
今日は元々、事務所に行く予定だったからちゃんと説明して、どうなるか答えを待とう。
その他メンバー
その他メンバー
はい…。
どうしよう…
僕が1人で行けば良かった…
ヒョン達に迷惑かけちゃった。
男に戻りたいよ…
テヒョン
テヒョン
ジミナ、大丈夫?
ジミン
ジミン
え?う、うん
グク
グク
ヒョン、大丈夫ですよ。
ヒョンが落ち込むことないです。
女の子になったのは不回避だったんですから。
ジミン
ジミン
ジョングギ〜。゚(/□\*)゚。わ~ん
ジン
ジン
みんなー行くよー
その他メンバー
その他メンバー
はーい
〈事務所到着〉
ナムジュン
ナムジュン
失礼します。
社長「昨日の話しって言うのは?」
ナムジュン
ナムジュン
ジミンのことです。

ジミナ、こっちに来て…
ジミン
ジミン
失礼します。
社長「この子は?」
ナムジュン
ナムジュン
この子、ジミンなんです。
パク・ジミン
社長「…!?」
ジミン
ジミン
昨日の朝起きてたらこうなってまして…
原因は分からないんです。
ナムジュン
ナムジュン
それで、今日のニュースの女の子って言うのは女の子になったジミンのことなんです。
社長「…。
信じられない話だが…いつも一緒にいる
お前らが言うんだから信じよう…」
ナムジュン
ナムジュン
ありがとうございます
ジミン
ジミン
それで…今後の活動…僕はどうしたらいいですか?
社長「ジミンが女になったってことを公開しよう!」
全員
全員
ぇぇぇええええ!?
社長「あのニュースも誤解を解くのに手間がかかるだろ」
ナムジュン
ナムジュン
そうですけど…
armyは信じてくれますかね…
社長「んー。それか、ジミンは長期休みってことで、代わりのメンバーで入ってもらったとかは?」
テヒョン
テヒョン
それだとジミンarmyにヤキモチ妬かれるんじゃ…?
ユンギ
ユンギ
確かにそれだと、ジミナに危害が及ぶかも知れない
ナムジュン
ナムジュン
じゃあジミンが女の子になったってことを公開します?
ジン
ジン
他に案はないんですか?
社長「いや、今のジミンは可愛いからアイドルとして活動して欲しい。でも防彈少年團から誰かがかけるってのも嫌だからな。」
全員
全員
うーん…
ホソク
ホソク
まぁ僕はジミンが僕達と踊りたいって言った意見を優先するかな!
グク
グク
僕も、傷つくこともあるかも知れないけどジミニヒョンのしたいことをすればいいと思います
社長「ジミナ、どうする?」
ジミン
ジミン
僕は防彈少年團のジミンとして踊っていたいので、女の子になったのを公開したいです…
社長「だ、そうだ。」
ホソク
ホソク
僕はジミナを応援するって決めてたよ!
その他メンバー
その他メンバー
俺らも応援する!
社長「じゃあ決定だな。あのニュースが大きくなる前に会見をしたいんだが1時間後にまたここに来れるか?」
ナムジュン
ナムジュン
はい、大丈夫です!
社長「後でな。」
ジン
ジン
よし、じゃあ一旦帰って会見の準備だ!
その他メンバー
その他メンバー
はーい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桃桜
桃桜
ARMYです。 ナムミンペンです。(ナムジュン・ジミン) 作品は自己満なので恥ずかしいです。 学生で学校ではうるさく過ごしてます。 学校で作って友達と話したりしてます。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る