無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

夢を抱きしめて
午前二時の待ち合わせ 
びしょ濡れになりながら駆け出してく
あの頃の僕はまだ恐れも知らずに生きていたんだ
傷ついて冷えきった心 君だけが
白い胸であたためてくれたんだ
夢を抱きしめて 涙と誓いを胸に
どんな辛い日々が来たとしても
強く強くないりたい生きていたい
夢を抱きしめて 愛を抱きしめて
逃げないで今なら言えるよ君に…


恋に落ちた瞬間に何もかも奪われて落ちてゆく
真実の愛なんてどこに行けば見つけられるのだろう
たとえば君がそばにいたら
どんな壁も乗り越える僕へ変わるかな
夢を抱きしめて 唇を重ね合う
僕ら二人 ひとつになるために
強く強く抱きしめ合う
夢を抱きしめて 愛を抱きしめて
逃げないで今なら言えるよ君に…

大切なことは君を信じることで
募る想い 大事にあたためて
君への愛をつらぬくこと
夢を抱きしめて 愛を抱きしめて
逃げないで今なら言えるよ君に…

これからもずっと愛してると