無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

アメノチハレ
リクエストです!ありがとうございます



雨空見上げて涙を隠した 滲んだ願いを空に
"頑張ろう" つぶやいた君は
また 歩き出した 真っ白な明日へ
ダメな毎日 自分ごまかし目を背けてきたけど
"負けないで" 遠くで聞こえたよ
だから逃げないよ 朝日が道を照らすよ
微笑みながら心が泣いていた日々は
もうサヨナラ Good-bye
大丈夫 何回だって 何万回だってやり直せばいい
喜びを抱いて 泣いて笑って生まれてきたキミだから
信じていて(ずっとずっと強く)
そのままで(もっともっと輝くから)
キミ色の明日がきっと来る


片隅に置いた弾けそうな不安
無理に閉じ込めてきたけど
真っ直ぐに見つめてあげよう
弱いその気持ち 向き合って気づく強さ
大人になって嘘ばっかついていた自分に
もうサヨナラ Good-bye
大丈夫 何回だって 何万回だって声に出せばいい
悲しみも抱いて 泣いて笑って
分け合ってきた僕らなら
忘れないで(ずっとずっとそばに)
そのままで(もっともっと輝くから)
夜が明ければきっと大丈夫さ

抱きしめそこねた過去があって
現在(いま)があるのさ
「雨のち晴れ」さ
ほら 傘を置いて幸せに会いに行こう

大丈夫 何回だって 何万回だって声に出せばいい
悲しみも抱いて 泣いて笑って
分け合ってきた僕らなら

大丈夫 何回だって 何万回だってやり直せばいい
喜びを抱いて 泣いて笑って生まれてきたキミだから
信じていて(ずっとずっと強く)
そのままで(もっともっと輝くから)
キミ色の明日が待っている