無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話 あなた目線
そして

あたしも
食べ

翔「うめー!!」

あ「良かった^^」

翔「さっきの電話
友達?」

あ「うん。
明日遊ばないかってさ」

翔「そうなんだ^^」

あ「なかなか
合わないしさ
やっと遊べるぜ♪」

翔「楽しんできな^^
遅くなんなよ?(笑)」

あ「親か!(笑)」

翔「ふふ^^」

あ「まあいいや
僕はおばさんのとこ行ってくる^^」

翔「分かった
とりあえず
一緒に出ようか
そして
俺は家に戻る」

あ「分かった^^」

朝ご飯食べ
終わり

翔ちゃんは
コーヒー飲みほし

あたしは
茶碗洗い

終わり

翔「じゃ出ようか^^」

あ「うん♪」

忘れ物ないか
確認して

鍵持ち

出る

翔ちゃんも出て

鍵閉める

閉めたか確認して

あ「おっけ♪」

エレベーターに向かい

しばらくして
エレベーターが来て

下に下がる

一階で降り

翔「じゃ
あとで^^」

あ「はーい^^」

翔ちゃんとは
わかれた

.