無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話 あなた目線
おばのところに
向かう

ここから
歩いて10分


10分後着いた

インターホン鳴らす

『はーい』

おばらしきの
声が聞こえた

カチャ

おば「いらっしゃい^^
上がって^^」

あ「おじゃまします♪」

おば「こっち来て」

通されたのは

和室

あ「で
話しって何?」

おば「今一人暮らしじゃん?」

あ「そうだけど」

おば「こっちに住まない?
もっと早く言えば良かったんだけど」

あ「まあ
むしろありがたいね
夜怖いから…」

おば「大丈夫
あたしがいるから^^
もう怖い思いしないよ^^
おじさんもいるし
紗弥加(さやか)もいるから」

あ「分かった^^」

おば「じゃ
仕事終わったら
家から
荷物取りに行って
ここに来て
いつでも起きてるから^^」

あ「分かった^^
じゃ仕事行ってくる^^」

おば「行ってらっしゃい^^」

良かった

おばさん家に住むことになった!

やった!

後で
大家さんに言おう!

.