無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話 翔目線
俺と翔は
淡麗飲み

あ「しょぉちゃん…」

翔「どうした?」

あ「寝よう?」

翔「そうしようか^^」

俺と翔は
同じベッドに寝る

翔が小さいから

俺が入れるペースがある

翔「電気消すよ^^」

あ「豆電球…」

翔「りょーかーい^^」

豆電球にする

翔は
俺に抱き付いてきた

翔「大丈夫だから^^
朝までいるから^^」

あ「うん…」

翔「寝な^^
朝から仕事あるんだから^^」

あ「うん
おやすみ^^」

翔「おやすみ^^」

翔は
目を閉じた

俺は
小さな翔の手を
握りながら寝た
















――翌朝――

~走り出せ走り出せ
明日を迎えに行こう~♪


翔の携帯で目が覚めた

あ「…ん~
うるさっ…」

こわっ…

翔は
俺に気付いたのか

あ「あ、
翔ちゃん
おはよう^^」

翔「おはよう^^」

あ「夜中はありがとう…」

翔「いいんだよ^^
頼りな」

.