無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

修羅場な予感!? 織山編(後編)
その日の放課後私はメモの通り
プールに向かった。
すると元いじめっ子の人達がいた。
この時はほんとに謝ってくれるん
だろうなとか思ってた.......
あなた

ごめんー💦委員会長引いちゃって。

女の子
女の子
別にそれはいいんだけどさーw
男子
男子
ここまでお前と仲良しごっこするの
ほんっと疲れたわ
あなた

え...?

女の子
女の子
私達がさそんな簡単に忍者達に
囲まれてるあんたを許すと思った?w
男子
男子
あの時来てただれだっけ?織山?が
ダルいから少しの間仲良しごっこ
してたってわけw
女の子
女の子
忍者達に囲まれて?最近アンチも
なくなってきてちやほやされて?
まじうざい
男子
男子
それな
何が起こってるのかすぐには
理解ができず、私は固まっていた。


ドンっ


あなた

え?

女の子
女の子
プールに呼んだんだしせっかくだから
入れば?ww


くっそ...


私は水が苦手でパニックを起こしていた
しかし、このままではまずいと思い
なんとかして水から上がろうとしていた


そしたら...




男子
男子
おっと?wまだ上がるのは早いよ?




次の瞬間、私は彼に顔面を掴まれ
水から顔が出せない状態にさせられた
あなた

ブクブク...い、息が...ハァハァ

女の子
女の子
そろそろ死ぬから出してやれば?w
男子
男子
そうだなw



長い間呼吸が出来なかった私は
意識が朦朧としていた


最後の力を振り絞って私は
助けを求めた.....
________________________
織山side




〜LINE〜
あなた

おり助けて



俺がそのLINEに気付いたのは
10分後だった。

織山 尚大
織山 尚大
なにこれwふざけてんの?w


いや待てよ...あいつ今学校に...
まさか...
織山 尚大
織山 尚大
おい!皇輝。あなたが...
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
あなた?...ってえ?助けてって...
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
今手空いてる人全員聞いて!!
安嶋秀生
安嶋秀生
なに?
深田竜生
深田竜生
どうしたんすか?
元木 湧
元木 湧
なになにー?
檜山光成
檜山光成
なんかあったの?
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
あなたから助けてってメールがきてて
今あなた学校だから多分...
俺はパニクって皇輝がみんなに
説明してるのをただ聞いてるだけだった
内村颯太
内村颯太
え...?まじ?
北川拓実
北川拓実
早く助けに行こ
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
相手は中3だから高校生以上の人
あなたの学校行くよ
久保廉
久保廉
え...俺達も行きたいです
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
お留守番してて?連絡するから
田村海琉
田村海琉
わかりました...


俺に助けを求めてきたのに頭が
回んなくて俺はみんなが助けに行く準備を
し始めた時にもまだ固まっていた


川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
おり!!早く行くよ!?
織山 尚大
織山 尚大
あ、うん...ごめん


どうしよう...すごい心配だ...

川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
おり?大丈夫だから落ち着いて!



( ゚д゚)ハッ!そうだ...固まってる場合じゃない...
あなたを助けに行かなきゃ









それから俺達は急いで学校に向かって
学校に着いた。


そして1度来たことがある俺を先頭に
あなたの教室へ向かった。



織山 尚大
織山 尚大
ここ!3-1!
ヴァサイェガ渉
ヴァサイェガ渉
ねぇ誰かあなたがどこにいるか
知ってる人いない?
クラスメイト
ねぇあれって...
クラスメイト
だよね...?
クラスメイト
(ザワザワ)
友達
友達
あなたなら放課後プールに
用があるって...
織山 尚大
織山 尚大
あいつら...あなたをいじめてた...
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
あいつら?分かった
おり1人でプール向かって。
俺らは事情聴取するから
織山 尚大
織山 尚大
え?1人で...?
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
事情聴取は大人数の方が圧が
かかるでしょ?w((小声
それにここ来たことあるのおりだけだし
織山 尚大
織山 尚大
わかった
皇輝はよく頭が働くから
俺はそれに従ってプールへ向かった


皇輝side




さぁてと事情を聞こうかな
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
ねぇ君達?あなたは?
女の子
女の子
知りませんよー💦
いじめるのやめましたしー...
平塚翔馬
平塚翔馬
とぼけないでいいから早く答えて
男子
男子
ほんとに知りませんってw
北川拓実
北川拓実
いやそういうのいいから早く答えろよ
そう言った瞬間拓実はそいつの
胸ぐらを掴んだ
北川拓実
北川拓実
早く言えよ
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
拓実!それはやめといた方がいい
北川拓実
北川拓実
あ、あぁ...
男子
男子
倉庫...外の体育倉庫です...
川﨑 皇輝
川﨑 皇輝
りょーかい
青木滉平
青木滉平
これはクラス全員に言えることだから
みんな聞いてね?
安嶋秀生
安嶋秀生
次あなたになんかしたら
女子でも容赦なく...ね?
クラスメイト
はい...
忠告した後はおりにLINEをいれて
俺達も外へ向かった
クラスメイト
怖かったわ...
あなた大切にされてるんだね...
クラスメイト
それね...
________________________
織山side





皇輝からLINEがきた


倉庫か...
織山 尚大
織山 尚大
(倉庫に入る)
織山 尚大
織山 尚大
あなた?いる?
織山 尚大
織山 尚大
え!?
織山 尚大
織山 尚大
あなた!あなた!大丈夫か?
あなたは意識を失っていた...
織山 尚大
織山 尚大
お願いだから...あなた...目を覚まして...
あなた

.......お...り?

織山 尚大
織山 尚大
あなた!?わかる?
あなた

おり...怖かったよ(泣)

そう言いながらあなたは俺に抱きついてきた


震えてる...
織山 尚大
織山 尚大
ごめん...俺が1回きたのに...
こんな事になっちゃって...
あなた

大丈夫だよ...?ありがとう来てくれて...

大丈夫と言いながらあなたは
涙を流し震えていた...

ごめん...本当にごめん...




俺はあなたを力いっぱい
抱きしめて決意した















もうあなたをこんな目に合わせないと...











その後皇輝達みんなが来てあなたを
病院へ連れていった。


どうやら俺は皇輝達が来るまで
あなたを抱きしめてたらしい...


あなたは皇輝達が来るまでには
気持ちが落ち着いてたらしく
顔を真っ赤にして俺の胸の中にいた。
________________________
終わり。