無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

🔞 織山編
設定はあじのと全く同じです!
忘れてしまった方はお手数ですが
あじの🔞へ🙇‍♀️💦





あなた

おりー何する?

織山 尚大
織山 尚大
(キス)
織山 尚大
織山 尚大
久しぶりにしない?
あなた

えー昼から...?

織山 尚大
織山 尚大
お願い!
あなた

うーん...



プルルルっ...📱
あなた

おりちょっと待ってて!

織山 尚大
織山 尚大
えーー
________________________
あなた

はいはい。了解しました!
いえいえ大丈夫ですよ失礼しますー☎️

あなた

カチャ カチャ 💻

織山 尚大
織山 尚大
なんでパソコン?
あなた

資料届けることになっちゃって

織山 尚大
織山 尚大
え...?
あなた

ごめんね!すぐ戻るから

私はそう言っておりに何か言われる前に
玄関へ向かった。



そしてドアノブに手をかけた瞬間...


織山 尚大
織山 尚大
(ドンッ)
あなた

おり...?

おりに後ろから壁ドンされて身動きが
とれない状況になった
あなた

おり...怒ってる...?

私はあえて振り返らずにそう聞いた
織山 尚大
織山 尚大
どうだろうね
織山 尚大
織山 尚大
その資料って何時までとか
決まってんの?
あなた

今日中ならいつでもって...

織山 尚大
織山 尚大
ふーん
織山 尚大
織山 尚大
なのに俺置いて行こうとしたんだ?
織山 尚大
織山 尚大
お仕置きしなくちゃね...

私がその言葉の意味を理解するより先におりが
後ろからスカートに手を入れてきた

確実に怒ってるよね...
あなた

お......り...やめて...っ///

織山 尚大
織山 尚大
やめないよ?
織山 尚大
織山 尚大
あと尚大って呼んで
あなた

ンッ...なお......///

織山 尚大
織山 尚大
ふふっ...かわいいねあなた
________________________
この後立ちバックで激しく...🔞

終わり。


おりはSであってほしいですね🤭
それに激しめで...w
織山  つんさんリクエスト
ありがとうございます!
いい設定が思いつかなかったので設定は
あじのをそのまま使いました💦
ご想像と違ったらごめんなさい🙇‍♀️
________________________
あなたちゃん!
ネタがなくなってしまったので普通のものでも
🔞でもリクエストしてくれると嬉しいです!
それではコメント欄へ٩(ˊᗜˋ*)و



ISLAND TV♪