無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

プロローグ
なにか面白いことが起きないかと退屈していたある日
町外れの遠くの方に何かが見た
どうせ暇だったのでそこに行ってみることに
数十分後
歩きづづけると看板らしきものが見えた
??
リア充爆破しろの会?
そう書かれた看板の奥の建物からは物音1つ聞こえない
自分自身、リア充が嫌いだったのでとりあえず入ってみることに
数分も経たないうちに何故かそこには多くの人が集まっていた
??
(は?どうゆー状況?)
わけがわからず立ちつくしているとそこに突っ立っていると誰かが入ってきた
陽向
陽向
リア充爆破しろの会へようこそ〜!













はいね、次から本編なんですけど設定とアイコンない人出れないのでお願いします
関係ないんですけどリア友が復活したらしいんでコメ欄にリンク貼っときます