第10話

8
417
2024/01/12 14:11


ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
最近、何かいいことあったの?
嬉しそうに見えるわ
(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
え、そうかな?


ホグズミードに出かけた日から、2日が経った


ホグワーツでお留守番していた、ハリーには蛙チョコと色んなお土産を買って、ハーマイオニー達と一緒にプレゼントした


本人は、行きたそうだったが喜んでくれていたみたいだし、良かったかも


(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
ドラコ〜!
(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
私もついて行く
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
なんだ、お前か
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
ドジして転ぶなよ
(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
わ、わかってるよ!もう


そして、ホグズミードのお出かけがきっかけで
私とマルフォイは距離が近くなった


ビンセント・クラッブ
ビンセント・クラッブ
マルフォイがグリフィンドールの子と仲良くしているなんて
ビンセント・クラッブ
ビンセント・クラッブ
嵐でも来るんじゃないか
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
そうね
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
ドラコは何を考えているのかしら


《魔法薬学》


セブルス・スネイプ
セブルス・スネイプ
我輩の授業では、2人1組で組んでもらう
セブルス・スネイプ
セブルス・スネイプ
足でまといにならないやつと組むと
良いだろう


セブルス・スネイプ先生の授業はテキパキと動いて考えることが求められる


少しの油断を見せたら、減点されてしまうのが難点な所


ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
あなた!良ければ一緒に
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
悪いな、ポッター
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
こいつは僕と組むことに決めてるんだ


私の肩に手を回して、自分の体に引き寄せるドラコ


一瞬、どういう反応をすればいいのか戸惑ってしまう私


(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
え、いいの?私で
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
お前じゃなきゃ、誰がいるんだ
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
ほら、いくぞ


ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
ハリー落ち込まないで
ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
私と組みましょう
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
ありがとう…ハーマイオニー
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
別に落ち込んでいる訳じゃないよ?!


それぞれ、ペアを組終わり


スネイプ先生から渡された課題を元に
魔法薬を調合していく


ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
お前…以外と調合できるんだな
(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
ば、バカにしてる?!
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
冗談、冗談
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
まぁ
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
マヌケな所は冗談つきようがないけどな


軽くディスってくるドラコ


セブルス・スネイプ
セブルス・スネイプ
Ms.アースキンとMr.マルフォイ
セブルス・スネイプ
セブルス・スネイプ
まぁまぁだが、よくやっただろう


スネイプ先生の「まぁまぁ」は褒め言葉だ!


スネイプ先生は私とドラコに「特別だぞ」と予習がてらに、魔法薬の調合を教えてくれる


(なまえ)・アースキン
あなた・アースキン
ハイタッチ!ドラコ
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
あぁ!


私とドラコは面と面で見て、笑顔でハイタッチした


プリ小説オーディオドラマ