無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ステージ11
三毛縞斑
三毛縞斑
次は俺が、1歩踏み出す番だな。
村山樹
村山樹
ん?
どういうこと?
三毛縞斑
三毛縞斑
俺、両親に会いに行こうと思う。  
ずっと手紙をくれていたんだ。
でも、逃げてた。
手紙を読まずにしまって、あの人らとの関係を切ろうとしていた。
でも、あんな事したけど、あの人らだけど、やっぱり俺のたった1人の両親だ。って思ってさ。
村山樹
村山樹
いいんじゃない?
俺たちはこの日から、新たな1歩を踏み出した。
数週間経って、斑は両親が働いてるって工業に行き、
俺は数ヶ月後に開催する事になった、「MaM」と「シリウス」の特別LIVEの為、久しぶりのレッスンに没頭するようになった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数ヶ月後
仙石忍
仙石忍
三毛縞殿と村山殿!
村山樹
村山樹
仙石くん。
来てくれたんだ?
仙石忍
仙石忍
もちろんでござる!
衣更真緒
衣更真緒
俺も居ますよ。
村山樹
村山樹
真緒くんも。
ありがとう。
今日のLIVE、楽しんで行ってね?
仙石忍
仙石忍
ワクワクが止まらないでござる!
衣更真緒
衣更真緒
俺、感動です。
また、樹先輩のステージが見れるなんて。
村山樹
村山樹
俺がステージに上がろうと思ったのは2人のおかげだよ?
この感謝は、ステージで、最高のパフォーマンスで返すから。
衣更真緒
衣更真緒
はいっ!
仙石忍
仙石忍
楽しみでござる!
村山樹
村山樹
2人とも、客席に戻り?
2人は控え室を出ていった。
俺は衣装に着替えはじめた。

俺のパフォーマンスはアクロバットが多いから動きやすいようにしてある。
三毛縞斑
三毛縞斑
あっ、着替えた?
村山樹
村山樹
うん。
斑、
久しぶりのいや、初めての俺たち2人のLIVEだ。
頑張ろうなっ!
三毛縞斑
三毛縞斑
あぁ。
あのさ、俺からの提案なんだけどさ。
俺たちの関係、公表しない?
俺、流石に親の事は言えないけどさ。
村山樹
村山樹
いいよ。
俺も、自分の過去を話そうと思う。
実の親に捨てられた事、病気の事を話そうと思ってる。
三毛縞斑
三毛縞斑
どんな反応されるか分かんないけど、俺たち2人なら大丈夫だよな。
村山樹
村山樹
もちろん!
行こうぜ。
斑、
みんなのママになれ。
三毛縞斑
三毛縞斑
ふっ、そうだな。
俺はママだあああ!
俺と斑は舞台袖に行った。
三毛縞斑
三毛縞斑
樹。
ん。
斑は拳を突き出してきた。
村山樹
村山樹
あぁ。
俺も拳を突き出した。
三毛縞斑
三毛縞斑
MaMと!
村山樹
村山樹
シリウス。
行くぞー!
樹&斑
おぉぉぉー!
俺たちは拳をぶつけ、ステージに出た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライブ中
三毛縞斑
三毛縞斑
どうもおお!
MaMの三毛縞斑と、
村山樹
村山樹
シリウスの村山樹です!
今日は来てくれてありがとうございます!
三毛縞斑
三毛縞斑
最初の曲は今回の為に、樹が作詞作曲した俺たち2人の合同曲です。
聞いて下さい。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
それから、LIVEは進んでいき、最後の時になった。
三毛縞斑
三毛縞斑
ここで、皆さんにお話があるぞおおお!
村山樹
村山樹
俺と斑の関係についてです。
知ってる人もいると思いますが、俺と斑は幼なじみです。
三毛縞斑
三毛縞斑
それ以上に、俺と樹は恋人関係です。 
お客さんはザワついた。
村山樹
村山樹
俺と斑は真剣なお付き合いをしています。
男同士で。なんて言われるかもしれません。
俺たちを非難したい人はしたらいい。
それでも俺たちはお互いを支えあっていきます。
三毛縞斑
三毛縞斑
仕事とプライベートははっきりさせます。
それは、俺も樹も仕事を疎かにはしたくないからです。
村山樹
村山樹
それに俺からも話があります。 
それは、俺の生い立ちについてです。
俺は生まれつき病を抱えています。
治りはしないがこれ以上悪くなるのかも分からない病気です。
その病気を持って生まれた為、俺は実の両親に捨てられました。
物心着くまで病院で入院していた俺は両親とか家族を知らずに育ちました。
それから病気持ちの俺を引き取りたい施設はなく、全国各地の施設をたらい回しにされ、入退院を繰り返していました。
そんな時に、病院内で斑と出会いました。
会えない時は手紙を送りあってました。
たまたま、俺が引き取られることになった施設で斑と再会しました。
それから俺たちずっと今まで一緒に居ました。
村山樹
村山樹
でも、俺は里親に引き取られることになりました。
しかし、その里親達と上手くいかず、中学校では男女問わずに遊び歩くようになりました。
中三の時、本気でアイドルを目指すようになり遊びを辞め、夢ノ咲学院に入学しました。
1年生ながらにユニットリーダーをするようになりました。
しかし、俺が努力すればするほどほかのメンバーからの嫌がらせが酷くなりました。
あるLIVEの時、俺は一生懸命パフォーマンスをしました。
ただ、他のメンバーは俺に恥をかかせるためにわざと足をかけたり、マイク越しに暴言を吐くような最悪のLIVEになりました。
その時に、俺はステージに上がる意味を失い、ステージに上がれなく……いや、上がろうとしなくなりました。
村山樹
村山樹
しかし、俺に憧れてくれてる後輩の子や俺のステージを見てみたいと言ってくれた後輩の為に、逃げるのを怖がるのを辞め、ステージに上がり、本当に「シリウス」の村山樹を復活させようと思いました。
それが、このLIVEです。

俺はスランプが長かったし、いつ、発作を起こし、活動休止するのかは分かりませんが、これからも応援よろしくお願いします。
俺は頭を下げた。
仙石忍
仙石忍
パチパチパチ……。
衣更真緒
衣更真緒
パチパチパチ……。
村山樹
村山樹
!?
客席に居る仙石くんと真緒くんが真っ先に拍手をし、その後、他の人も拍手をした。 
会場には大きな拍手の音が響いた。
俺は嬉しくて涙が溢れそうになった。
三毛縞斑
三毛縞斑
良かったな。樹。
村山樹
村山樹
おう!
三毛縞斑
三毛縞斑
今回のLIVEは次の曲で最後だぞおおお!
村山樹
村山樹
この曲は、小学校位の時に俺と斑で作詞し、俺が作曲した俺たちの1番大切な曲です。
聞いて下さい。
樹&斑
MY FRIEND
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
村山樹
村山樹
(やっぱり、ステージの上は気持ちがいい。
こうしてここで、歌を歌えるのも、斑や真緒くん、仙石くんのおかげだ。
やっぱり俺はアイドルが、この仕事が大好きだ!!)
三毛縞斑
三毛縞斑
(樹。
始まる前は不安そうな顔をしてたのに今は心の底から楽しそうだ。
昔みたいに、また樹と歌を歌えるなんてすっごく嬉しい。
今の俺があるのは……お前のおかげだ。樹。)
♪♪♪♪♪♪♪♪
曲は終わった。
村山樹
村山樹
今日はありがとうございました!!
三毛縞斑
三毛縞斑
ありがとうおおおおおお!
俺たちは袖にはけた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐賀美陣
佐賀美陣
お疲れさん。
おふたりさん。
はい、タオルと水。
樹&斑
ありがとう。
俺は陣さんから水とタオルを受け取りすぐに控え室に戻った。