無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

テストの結果の日
あなた

よかった!美空!

棚方 美空
赤点?
あなた

うん!

棚方 美空
それより、こっちの方が重要じゃない?
あなた

えっなになに?

テストの順位をみる、
あなた

美空二位じゃん!すご!

棚方 美空
そこじゃなくて一位
一位 手越 祐也 
あなた

ってえぇーなんでなんで💦

棚方 美空
っていうか、アイツいつの間にか学校来てたんだね。
あなた

なんでこうなるの?

そこら辺の女子
手越祐也ってあなた様のお兄さん?いや弟?っていうか双子?ザワザワ
あなた

あー私の積み上げてきたものが祐也のせいで一気に壊れる

棚方 美空
それはざんねん。

っと噂をすれば
祐也
あなた。
あなた

祐也あんたなんでここにいんの?

祐也
お前が来いっていったから
そこら辺の女子
やっぱりあなた様のお兄さんだったの?
っていうか双子だったの?
イケメン過ぎない?ザワザワ
あなた

そ、そんな事いったわ

棚方 美空
いやいったんかい
あなた

とりあえず私の邪魔はしないで。

祐也
は?
あなた

じゃあ。

棚方 美空
ちょっとまってあなた