無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

403
2021/09/26

第2話

過去
boss
お前が噂の女か
(なまえ)
あなた
お会い出来て光栄です
boss
今日からお前はうちのNO.1として
スパイ兼殺し屋として引き取る
(なまえ)
あなた
光栄でございます


頭を下げる日々

でもこれしかないのだと毎日の様に言い聞かせた


下品な糞野郎共に身体を窘めるように触られ

媚を売る事で情報を得る


boss
任務だ行けるな?


BOSSから今夜行われるパーティに依頼された標的がいるとの情報


最近TVでも話題になっている投資家か

息子もいると言っていた
(なまえ)
あなた
はいボス

赤く露出の高いドレスに身を包みパーティ会場に向かう

金持ちも集まるだけの事、着ているもので1億を超える容姿をしている物もいた

配られたグラスの飲み物を嗜みながら標的を確認する


あの投資家は前に殺害予告を受けたことで護衛を付けるようになったようだ

目を光らせる輩が私が確認できる限りだと20は確定


(なまえ)
あなた
お初目に掛かります(ニコ
投資家
ッ…、お美しいお方だ
男は単純だ

胸を晒しておけばすぐに寄ってくる
投資家
良かったら2人きりでどうですか?
(なまえ)
あなた
まぁ!嬉しい♡
投資家
ではこちらに


標的と私は人目の少ない場所へ移動した

どうやら護衛は付けなかったらしい

いや、隠れているのか…ばればれすぎでしょ



そんなことを考えているとぐいっと腰を引かれた
投資家
いやはや…こんなに美しい人を見たのは
初めてです



気色悪い
(なまえ)
あなた
ここはあの、///場所があれなので…
あそこに移動致しませんか?
投資家
えぇ、勿論
私が刺したのはトイレ

さっさと殺して帰ろう



隠れていた護衛を履けさせ、トイレのドアを開け、

閉めた瞬間、、、


チャキ
投資家
なっッ!!!
(なまえ)
あなた
しぃー…
投資家
!!!!!
(なまえ)
あなた
ほんと馬鹿ね


ドンッ

赤いドレスで良かった

とそこに音を聞き付けてきた護衛がドアを開けた
護衛
動くなッ
(なまえ)
あなた
……
護衛
ッ!!!お前、っもしかして!!!
(なまえ)
あなた
御明答、でももう遅い
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━
(なまえ)
あなた
~♪♪

トイレの鏡や床、壁には既に死んだ奴らの血痕がそこらじゅうに着いていた
(なまえ)
あなた
さ、帰ろ
???,
…へぇ、あれが
???,
首領に報告だな